ガールズバーとキャバクラの違いって何?

キャバ嬢の画像

「キャバクラは知ってるけどガールズバーって何?どう違うの?」
という声を耳にします。

特に水商売が未経験の女性からすると、イマイチ違いが分からりづらいですよね。

ここでは夜のお仕事を探している女性のために、キャバクラとガールズバーの違いやお給料の仕組みについて解説します。

異なる接客スタイルについて知ろう!
キャバ嬢のメイン業務は、男性をもてなすこと。来店した客の隣に座り、タバコに火を点けたりお酒を注いだりしつつ会話を広げていきます。

キャバクラに来店する男性は、キャバ嬢との何気ない会話や疑似恋愛を味わいたいと思っている人が多いようです。

ガールズバーは、一般的なバーと同じく本格的なカクテルを作って提供するのが特徴。キャバ嬢のように男性の隣には座らず、カウンター越しに複数のお客さんを迎えます。

ガールズバーで働く女性はバーテンダーとして働いているのです。

お給料の違い
接客スタイルの異なるキャバクラとガールズバーですが、お給料事情はどうなっているのでしょうか?

キャバクラはさまざまなお給料システムのパターンが存在しますが、以下が基本となっています。
<固定時給 + バック制>
固定時給2,000~3,000円+バック=お給料

バックとは、固定時給とは別に発生する報酬。指名や同伴があるとお給料にプラスされたり、ドリンクの注文が入るとドリンク代の一部がお給料に加算されたりします。

ガールズバーの時給の相場は1,300~1,500円。
お店によっては時給+歩合制を設定しており、ドリンク注文数や指名の数が増えるとお給料もアップします。お客さんからドリンクの注文を入れてもらうと、1杯につき200~300円の報酬が得られます。

それぞれの特徴を踏まえて、自身の性格に合あった仕事選びに役立てましょう!