やっぱりナイトワークが稼ぎやすい

女性の画像

高収入だと言われるナイトワークですが、具体的な仕事内容やお給料について詳しく知らない人が多いかもしれません。

ナイトワークの中でも高収入だと言われるのは風俗嬢で、日給の平均が3万円。サラリーマンの平均日給が2.25万なので、やはり稼ぎやすい業界であると分かります。しかし風俗の業種やサービス内容によって、得られる収入は違うんです。

ここでは風俗の種類やお給料の仕組み、向いている人について掘り下げていきます。風俗の仕事に興味があるという方は、働く前に理解を深めておきましょう!

風俗にはデリヘルや風俗エステ、ソープなどさまざまな種類があります。

<デリヘル>
仕事内容:男性客の自宅やホテルに出向いてサービスをする。
プレイ内容:恋人同士がする性行為とほぼ同じで、ディープキス・フェラ・手コキなどがある。
お給料:60分のコースで10,000円前後+指名料が入る。

<風俗エステ>
仕事内容:女性セラピストによる性的なマッサージを行なう
ホテルなどに出向く出張型と店舗でサービスをするタイプがある。
プレイ内容:リラックスできるマッサージやハンドサービスによるフィニッシュを行う。
お給料:プレイ料金(お客さんが支払った金額)×バック率で決まる。平均日給は30,000円~50,000円。

<ソープ>
仕事内容:ソープ店に来店した男性客へサービスする
プレイ内容:体を洗う入浴プレイ、マット上でセックスするマットプレイなどがある。
お給料:(お客様が支払ったコース料金Xバック率)+指名料+オプション料で決まる。日給の平均は5~6万円。

高収入が狙える風俗ですが、性的なサービスを提供するという点で誰にでも適した仕事ではありません。お仕事を始める前に、自身の適性を確認しましょう。風俗嬢に向いているのは以下の2つに当てはまる人です。

・積極的な人
風俗店は歩合制のお仕事なので、リピーターのお客さんを作れるかが重要。男性客に楽しんでもらえるように、どんどんテクニックを研究し実行していく能力が求められます。

・体力がある人
風俗は、自分の肉体を使ってサービスをするハードなお仕事。売れっ子になるほど忙しくなりますが、その日何人目のお客様であっても笑顔で接するのがプロ根性です。